こんにちはヤニックです

 

 

先日書いた記事で

 

「人生はお金じゃなんだよ、目の前の幸せをもっと噛み締めようよ!!」

 

と、言い張ってる人を軽くディスりました。

この記事

↓↓↓↓

ネットビジネスで一番稼ぎやすい手法は?

 

その記事の中で

 

「お金より大切なものがたくさんあるのはよく知っています。」

 

と書いたのですが、読者さんから

じゃあ、ヤニックにとってお金より大切なものは何?

という鋭い質問をもらったので、今日は

 

お金より大切なものを書いていきます

 

 

僕の好きな哲学は、釈迦の哲学と、ニーチェの哲学ですが

両者の哲学に共通する哲学があります。

 

幸せの哲学というか・・・・生き方の哲学というか・・・

一言で言えば、今を生きよう!!って話なんですけど。

僕にとってお金より大切なのはその

幸せの哲学を持って生きることなんですけど

それだと意味がわからないと思うので、詳しく書いていきます。

 

嫁のお母さんが心配しているという話に・・・

 

今日嫁と話していたら、たまたま話の流れで、嫁のお母さん

義母さんが、心配しているという話をしてくれました。

 

僕には直接言わないけども、僕のように脱サラして定職を持たず

ネットビジネスとか投資とか、よくわからないことで稼いでるのが

やっぱり心配なのだそうです。

親心ですよね・・・これは言われても仕方がないです。

 

僕の中では、他者との価値観の切り離しは出来ているので

義母さんに何を言われようと何も思わないですけど

(ちなみに義母さんとは今年も一緒にハワイに行って

同じコンドミニアムに泊まるくらい仲がいいです。)

 

関連記事

↓↓↓↓

脱サラするなら、他者との価値観の切り離しをしておかないと

人間関係で苦しみますよ

脱サラに関する質問、脱サラ後の人間関係、友人関係は?

 

 

でもね

 

ふと、思ったんですよ

 

 

嫁はどう思ってるんだろう?

 

 

義母さんは価値観の上では他者だけど

嫁は違います。

他者では無く、同じ価値観を共有するべき家族です

 

若い頃は、こんな感じの話をよくしましたけど

最近はどう思ってるんだろう?

年齢とともに考え方が変わってたりしないだろうか?

 

なので、聞いてみたんです

 

「僕と一緒に生活していて不安になることってあるの?」

「ないよ」

「なんで?もしかしたら無一文になる可能性だってあるんだよ」

「だって、私はあなたといれば、お金が無くたって幸せに生きられるし、お金がたくさんあっても幸せに生きられる、別にお金があるないは関係ない」

 

その証拠に、僕は結婚して一度だって嫁に

 

「今月は大丈夫なの?」

 

と、稼ぎの心配をされたことはありません。

リーマン・ショックで大損した時だって、心配していませんでした

嫁にとって、お金のある無しは本当に関係なくて

 

もし、お金が稼げない月だったとしても

だったら今月は、倹約生活を楽しもう!!

「自家菜園とか初めてみちゃう(´ε` )!?」

とか、本気でそうやって言うタイプです。

 

 

この考えは、僕とまったく同じです。

僕もお金があろうとなかろうと幸せに生きる自信があります。

 

でも

 

お金は無いよりあったほうがもっと幸せに生きられる

 

と思っています。

なので、お金のあるなしはさほど重要なことでは無いんです。

無いよりあったほうがいいけどね

 

せっくなんで嫁にもう少し突っ込んで質問

 

いままで話してきたことが、幸せの哲学ではありません

話はまだ続きます。

 

んでね、せっくなんで嫁にもう少し突っ込んで質問してみたんです

 

「先のことってどれくらい考えてる?一週間後?一ヶ月後?一年後?」

「考えたこと無い」

「まったく?数日後のことも?」

「無いよ、今が幸せならそれでいいじゃん」

 

これが幸せの哲学です

 

釈迦や、ニーチェの哲学は

今に生きよう!!という哲学です。

 

 

例えば、数日後、大事な大事な絶対に失敗できないプレゼンがある

だから、プレゼンで失敗することを考えると飯も喉を通らない

 

こんな状態で、例えば美味しいディナーに行っても

そのディナー100%楽しめますか?

プレゼンのことが気になって、目の前のディナーを

楽しむどころじゃないはず。

 

wss000995

 

でも、それこそがまさに、今を生きていない

今、目の前にある幸せを逃しているということです。

 

プレゼンがあろうとなかろうと、今、目の前に

美味しいディナーがあるという事実は変わりません。

 

幸せに生きられる人とは、プレゼンはあるけれども

それは未来の話だし、今は考えるべきじゃない

今、考えることは

 

 

このディナーを楽しむことだ!!

 

 

こうやって考えられる人が、本当に幸せな人です

 

今を生きるのは難しい

 

でも、そうやって生きるのって実際は難しいです。

失敗できないプレゼンがあれば、飯も喉を通らない

心配事があれば、今を生きられないのが普通です

うちの嫁は、マイノリティな方だと思います。

でも、その習慣を身につけられた人は、本当に幸せそうです。

 

wss000996

 

僕も、ビジネスや投資をやってる身ですから

半年後や一年後の戦略を考えることはあります。

もちろん、それは大事なことで

 

「今、真剣に、将来の戦略を考えている」だったら

それは今を生きることになります。

何も考えず、無計画に生きよう!!という意味じゃないですからね。

今を生きると言うのは、過去や未来をまったく考えるなってことじゃなくて

 

 

不安になったり、後悔するなってことです

 

 

40代、50代のうちから老後の心配をしたり

会社をクビになったらどうしようと心配したり

試験に受からなかったどうしうと心配したり

 

過去に犯した過ちをずっと引きずっていたり

過去の言動を悔いたり

過去の自分を恥じたり

 

そういうのは

 

未来や過去に縛られた状態で

今を生きていないと言えます。

 

 

もちろん、乗り越えるのは容易ではないですが

考えても意味が無いというのも事実ですよね?

 

未来はまだ来ていないんだし

過去はもう過ぎ去って終わったことです

考えてもらちがあかない

 

 

だから、一番大切なのは、今、この瞬間をどう生きるか

 

こう思えるようになり、そう振るまえることが

本当の幸せです。

 

 

僕はまだ、その境地では無いですけどね。

でも、幸せの哲学を実践してる人がいつも近くにいるので

いつかは、その境地に行けるだろうと思っていますし。

ずいぶん楽です。

 

 

 

以上が、僕が常日頃言っている

お金より大事なことです

 

 

お金がたくさんあっても、未来の心配ばかりだったり

過去の後悔ばかりの人生って不幸だと思いませんか?

 

資産何百億もある大富豪が

「もしこのお金がゼロになったらどうしよう・・・」とか未来を心配したり

「私のせいで、子どもたちは・・・」とか過去をひたすら悔いていたり

こんな人だったらどう思いますか?

彼は本当に幸せですか?

 

お金が無くても、今が楽しく生きられたら

幸せだと思いませんか?

 

もちろん、今を生きられて

お金があればもっと幸せですけどね。

 

 

人生は一度きりですし、本当の幸せも、お金も

貪欲に欲しいものは手に入れていきましょう。

 

 

PS

 

ホリエモンも僕と同じ考えのようです。

今を生きろ!!と熱弁しています。

PPS

 

僕の大好きなニーチェの哲学を

わかりやすく解説したものです

 
 
wss000996111