こんにちはヤニックです

 

ユーチューバーを見てどう思いますか?

日本で一番稼ぐヒカキンさんは

年収1億以上は軽く超えると言われています。
「ネットで楽して稼ぎやがって!!」

「くだらない動画を垂れ流すだけで稼ぎやがって!!」

 

古い価値観の・・・というかビジネスを一度も経験したことないような

タイプの人間が、ユーチューバーのような人種をみたら

きっとこう思うでしょうね。

 

ユーチューバーは本当に楽して稼いでいるのか?

彼らは、本当に楽して稼いでいるのでしょうか?

そもそも、いったい何をもって「楽して」というのでしょう?

たしかに、見た目は、お気楽なくだらない

動画を量産しているだけのように見えます。

 

でも、彼らは、会社でのんべんだらりと働いている人に比べて

遥かに創造的な作業を毎日こなしています。

 

そもそも、ビジネスは労働と違い、使う時間は関係なく

頭をどれだけ使って、他者に価値提供できたかが全てです。

 

創造的な作業を毎日こなすことがどれだけ苦痛か知りたければ

毎日のごはんを自分で作ってみてください

一日たりとも同じメニューじゃなく

それがどれだけ創造的で、頭をつかう作業かわかるはずです。

 

創造力と知恵を振り絞ることは決して「楽して」なんて言えません。

 

そして、彼らが価値を提供しているターゲットは主に

「子供」です、小学生がメインの層ですね。

だから、大人が一見するとくだらないことにしか見えないことですが

 

大切なのは、メインのターゲットが価値を感じるかどうかです。

十分に合理的な戦略です。

 

 

リスクと収入は比例する

彼らの報酬が多いのは、リスクを取っているからです。

投資と同じように、取るリスクと報酬は比例します。

 

FXのようにレバレッジを大きくかければ

大きな収益が見込める反面

大損するリスクが増大します。

その理屈と同じです。

 

顔を晒しているので、名指しで批判されるリスクを取っています。

芸能人のように、落ち目になれば後ろ指刺されて

ネットであることないこと好き勝手書かれるリスクを負っています

アンチに攻撃されるリスクを負っています。

強力なライバルが現れて、収入が激減するリスクを負っています。

 

のんびりと会社に守られながら生きてる人は

いったいどれほどのリスクを取ってるのでしょうね?

 

報酬は提供した価値の総量に比例する

サラリーマンが提供している価値は

会社という限られた場所で且つ時間も限定されます

 

8時間✕20日✕12ヶ月=1920時間

 

どれだけ頑張っても、これ以上の時間

価値を提供することは出来ませんし

提供できるのは会社だけです。

 

でも、彼らの場合は日本中に対して

24時間✕365日=8760時間

という膨大な時間、価値を提供し続けます。

ユーチューバーの方が稼げるのは当たり前です。

 

 

「くだらない動画を量産しているだけ」という一面だけを見て

彼らの人格を全否定する大人の方がよっぽど

 

くだらない

 

と思いますけどね。

 

ネットが登場した瞬間から

働き方、稼ぎ方の価値観は大きく塗り替わりました。

それは、否定するものでも、肯定するものでもなくただ

 

選択肢が増えただけに過ぎません。

 

こういうのを時代の変化と言います。

時代の変化を柔軟に受け入れることが出来ず

ただ否定してるだけの人って

 

時代の可能性を否定しているのと同じです

 

 

そりゃ稼げなくて当然でしょ!!

 

 

もちろん、ユーチューバーだっていつまで稼げるかわかりません。

時代の変化に合わせて柔軟に自分を変えられる人は

ユーチューバーがだめになっても他の手段で稼ぐだろうし

 

変えられない人は、いつまでもユーチューバーにこだわって

消えていくことだってありえます。

 

 

否定からは何も生まれないですね

いったん受け入れる度量は持ちたいですよ。

 

 

PS

 

ガキの頃は、人を見た目で判断する大人が大嫌いだったのに

気づいたら、人を見た目で判断する大人になってる人がいます。

 

お互い、人を見た目で判断するような

くだらない大人にはなりたくないですね~