こんにちはヤニックです

先日、地下アイドルを取材した番組を見て

色々思うところがあったので書いていきます

 

客に自分を合わせるのは不幸の始まり

番組では彼女たちの”苦悩”を中心に

構成されていましたが。

アイドルの苦悩といえば

 

”売れない”

 

ということもあるでしょうがそれより深刻なのは

 

”ファンのストーカー化”

 

なんだと思います。

もちろん、ストーカー化するのは

ほんの一部のごく僅かな人間でしょうが

 

その、ほんのごく僅かな人間が

強烈なのも事実ですね。

 

んで、興味深かったのが

ファンがストーカー化する理由というのも

彼女たちは客観的に知ってるんです。

 

何をすればストーカーになるか

知っているにも関わらず

それを止められないところに

彼女たちの苦悩があるわけですが。

 

彼女たちを苦しめるポイントは

主に2つあります

 

ポイント1:超買い手市場

そもそも、地下アイドル多すぎなんです。

熱烈なアイドル好きより

地下アイドルの方が人口が

多いと言われます。

 

ポイント2:歩合制

彼女たちは、給料制ではなく

物販の売り上げやチケットの売上から

いくらかキックバックをもらって

それを収入としています。

アフィリエイトみたいですね。

 

つまり

ファンの数=収入

とも言えるわけです。

 

もちろん、中にはお金目当てではなく

純粋に、アイドルという職業に

やりがいを持ってる方もいます

 

でも、それでもファンがいなければ

生活がままならないわけで・・・

ファンの確保は超重要案件なわけです。

 

アイドルの数より少ないお客さんを

アイドル同士で取り合いするわけですから

当然、擬似恋愛的な思わせぶりなことも

しなければファンをつなぎとめることが出来ません。

 

思わせぶりなことが続けば

女性経験の少ない、うぶな男子だと

 

「こいつ、オレに本気で気があるのか?」

 

という、アイドル、ファンという

一線を超える人たちも現れます。

一線を超えた人たちが

重度のストーカーとなっていくわけですね。

 

キャバ嬢の場合、お店が守ってくれますが

地下アイドルは誰も守ってくれません。

 

擬似恋愛的なサービスをしないと

ファンは離れる一方

でも、それをしすぎると

ストーカーのリスクが高まる・・・

 

と、板挟みな彼女たちですが。

ここまで話を聞いて

 

そこまでして地下アイドルでいたいかね?

 

と素朴な疑問を持たざるを得ませんでしたが

それは、今回の話とはズレてくるので割愛しますけど。

 

かと言って、彼女たちを笑うことは出来ません。

ネットビジネスでも同じようなことをしている人はたくさんいます。

 

ネットビジネスでもアイドルと同じような人は多い

例えば

私、稼いでますよアピールが過ぎる人とかね

私、こんなにもリア充してますよアピールが過ぎる人とかね

私、こんなにも意識高い・・・以下略

本当に稼いでいて、余剰資金で

金持ちやってるならいいんですが

本当にリア充ならいいんですが

本当に意識高い系ならいいんですが

 

それが、少しでも無理して本当の自分と

乖離しているのだとしたら

それこそ虚像、偶像アイドルと同じです

 

ちなみに虚像をググったら

”真実を伝えてはいない人物像など”と出ました。

 

んで、彼らは誰を集客するかと言ったら

”ビジネスに興味がある人”になるわけですけど

そもそもだけど

 

そんなビジネスに興味ある人っている?

 

って話ですよ。

僕は友人がかなり多い方ですけど

「オレ、ビジネス興味あってさ・・・」って

言ってるの、一人だけです。

 

あと、残りの友人はすべからくサラリーマンです

確定申告すらしたこと無い奴がほとんどです。

 

客にとって都合の良い自分を作って

自分を他の誰かより良く見せて

少ない客を取りあってるって

これ、まるでアイドルと一緒ですね。

 

なのに、一生懸命フェイスブックで

意識高い系の書き込みしたり

稼いでるアピールしたりとか・・・

 

そこまでしてネットビジネスしたいかね?

 

と素朴な疑問を持たざるを得ませんが

それは、今回の話とはズレてくるので割愛しますけど。

 

ビジネスの合理性を考えれば

効率が悪いのは事実でしょうし。

僕はそんな人からビジネスは絶対に

教えてもらいたくないです。

 

地下アイドルと同じようなことをするわけでしょ?

ぞっとしますよ・・・

 

ビジネスは自然体が一番ラク

僕は常に自然体を心がけています。

自然体ってのは

相手が先じゃなくて

自分が先ってことだと思っています。

 

自分が先にやりたいことがあって

面白いなとか、これは役に立つなということを

他の人にも共有したりする感じです。

 

今回の話もテレビ見てたら面白かったから

他の人にも共有したいと思ってブログ書いています。

 

相手が先になってしまうと

相手にとって都合のいい自分を

作らなけれないけません

 

つまりアイドルです

 

アイドルは疲れますよ・・・きっと

(やったことないからわからないけど)

 

集客は広く浅くが基本

あと、僕のお客さんは

”ビジネスに興味ある人”ではありません。

そんな狭いところ攻める必要は無いですよ。

もっと広く取ればいいのにって思うんだけど。

 

みんな

アフィリエイトに興味がある人とか

せどりに興味がある人とか

そういう狭いところから一生懸命集客しようとしますよね。

 

僕の友人に”アフィリエイト”って言葉の意味

正確に理解してる奴いないですよ

それくらいマイノリティなんだけどな。

 

というわけで、今回言いたかったのは

 

1,見込み客にとって、都合のいい自分を作り上げることは

ストレス溜まるし、無理が生じるし、長続きしないし

というか、そもそもビジネスとして努力する方向がおかしい。

 

ビジネスはどこまで行っても価値提供で虚像を見せることではない

(虚像に価値を感じる人がいる場合は別、これがまさに

アイドルという商売なんだけど、それは特殊な場合)

 

2,自然体が一番ラク

自分をそのまま出して付いてきてくれる

人と長く付き合うのが一番です。

 

ありの~ままの~姿みせるのよ~ぉぉ~♪

 

3,狭いところからの集客はビジネスの合理性を欠いている

 

と言ったところです。

無理に自分を作らなくても十分に稼げるんで。

自然体でいきましょう。

 

テレビを見ていたらアイドルは一握りしか成功しない

と言われる理由がよくわかりました。

戦ってる土俵が厳しすぎですよ。

もっと楽な土俵で戦いましょう。

 

僕がブログを書く時に気をつけていることを解説しました。

↓↓↓↓

SEO対策を真面目にやっていないのにアクセスが増える理由

 

 

PS

ネットビジネスで稼ぐだけなら才能、人脈、実績いらないです。

正しい知識を持って

やり抜く力を鍛える方が何倍も大事です。

やり抜く力を鍛えるのにオススメの方法を

紹介しています。
↓↓↓↓

ネットビジネスで稼ぐだけなら才能いらない、やり抜く力の方が大事