こんにちはヤニックです。

 

選挙が始まってますね。

今日は別に、僕の政治的な思想を書くつもりは無いです。

 

昔、まだ20代前半の若かりし頃、居酒屋で政治的な話をしていたら。

全然知らない人に、因縁を付けられて以来

政治的な考えはおおっぴらに語ってはいけないんだな

ということを学んでから、人前で一切そういう話はしなくなりました。

 

嫁ともあまりしませんし、嫁もあまり語りたがりませんね。

自分の中の秘め事として、こっそり投票に行くくらいです。

 

さて、その投票ですが、よく

 

「若い人も投票に行こう!!」

 

的なことを言われますよね。

若い人の投票率が悪いから。

 

若い人からすれば、オレの一票にどんな意味があるんだ?と

一票の意味を見出すことが出来ず、めんどくさいから

よくわからないから、という理由で行かない人が多いのだと思います。

 

もちろん、あなたが一票を投じたことによる影響はほんの些細なものです。

何かが大きく変わるものではありません

 

ただ

 

あなたが、投票所に行く、という行為はすごく意味があるんです。

 

なぜなら、政治家さんたちは、どんな世代の人が

どれだけ投票所に来ているか調査して知っているからです。

若い人が投票所に全然現れないのであれは、それはもう

 

無視しても良い

 

と、見るわけですね。

だってそうじゃないですか。

あなたが政治家さんなら、一票でも多く票が欲しいでしょ?

政治家さんが喉から手が出るほど欲しいのは有権者の指示です。

 

なのに、投票所に現れもしないような若者向けの政策を打ち出したところで

そもそも、投票に来ないし、絶対数が少ないんだから、旨味はありません。

 

それよりも、投票所に足繁く通ってくれる年配の方に

受けの良い政策を打ち出したほうが

票が集まりやすい、そう思いませんか?

 

選挙活動のシーンがよくテレビで放送されていますが

映っている市民は、ほとんど年配の方ですね。

別に、年配の方が選挙に参加するのは悪いなんて言いたいわけじゃないですよ。

 

言いたいのは

 

投票所に行かない世代は、政治家さんから無視されてるんだよ

 

ってことを言いたいだけです。

投票所に若い世代がどっと押し寄せるようになれば

政治家だって無視できなくなります。

 

若者向けの政策も考えるようになります。

若者向けのアピールもするようになります。

何かが大きく変わる

 

これだけSNSやネットが発達してるのに

未だに、旧態依然とした古臭い政治活動が盛んなのも

高齢者にターゲットを絞ってるからなんでしょうね。

若者にターゲットを絞ってるならもっとネットを活用するはずです。

 

若者がもっと投票に行くようになれば

ニコ生に出たり、ツイキャスで政治理念を語る

ラインで質疑応答に直接答えてくれたり、そんな政治家も出てくるかもしれません。

 

そういうところから、若い世代への興味が広がって

大きなムーブメントになり、この国が少しは変わるかもしれません。

 

そのためには、やはり国民だってアピール

若くても政治に興味はあるんだっていう姿勢は見せたいですよね。

 

PS

 

僕がこんなところでこんなことを語っても

何かが大きく変わるとは思えませんが

やらないよりやったほうがいいってのは間違いないですよね。

 

小さはことがきっかけで、大きく変わることもありますし。

何もしないでいるより、行動したほうがやっぱり良いですよ。

 

生きることとは行動することですし。

何もしないで座しているより、よっぽど生産的かと。