こんにちはヤニックです。

 

アフィリエイトでもネットビジネスでも、投資でも稼いだら”必ず”

確定申告して、税金は納めましょうね。

忘れた頃に税務署はやってくるらしいので・・・

 

ちなみに、僕も一度だけ呼び出しを受けたことがあります。

幸い、先方の勘違いだったので、説明だけで済みましたが

びっくりしましたよね、こんな些細なことでも見られてるんだ・・・って(苦笑)

 

今回はメルマガ読者さんからいただいた、脱サラ質問シリーズ第六弾です

 

脱サラに限らず、質問は積極的に受け付けてますんで

お気軽にどうぞ

 

ヤニックへのお問い合わせ

 

メルマガ読者様からいただいた質問はこちら

↓↓↓↓

あまり知られていない有効な節税対策など裏話的なものがあればお聞きしたいです。

私が知りたいのは、脱サラ後の税金についてです。

サラリーマンの時は自動で差し引かれて年末調整して終わりという状態ですが、脱サラすると、何の税金がかかっていて、支払いは自分で振り込むのでしょうか?

実際に自分も脱サラを目指していますが、脱サラ時に税金がどのくらいかかるのか不明なため、いくら稼いでいけば生活できるか不明確なので教えていただけると助かります。

1.税金、年金、確定申告等、必要な手続きを知りません。手続きが大変かどうかを参考までに。 (具体的には、それぞれ調べれば良いんですが。)

とりあえずこの本を読んでおきましょう

まず、税金のことがまったくわからない!!

と言う方は、四の五の言う前に、この本だけ読んでおきましょう。


フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました

きたみりゅうじ(著)

日本実業出版社

 

少し古い本ですが、この本を読めば、税金に関して7割は理解できると思います。

 

「どこまで必要経費にしてもいいのか」

「社会保険と税金の驚くべき関係」

「税務調査が来た際の対処法」

 

など

 

そこが知りたかったんだよね!!

 

という情報が満載です

 

僕も最初の確定申告は全部自分でやりましたが。

この本を読んで、あとは、確定申告会場の係りの人に聞きながらやりました。

特に問題も無かったです。

 

普段の税務処理を簡単に紹介

僕の場合、普段どのように税務処理をしているか紹介します。

まず、100円ショップでレシートや領収書を挟むファイルを6つ程買ってきます。

ファイルを必要経費の費目別に分けます。

(費目は自由に決められます、先ほどの本に詳しく書かれているのでここでは割愛)

 

具体的には

光熱費

雑費

消耗備品費

交際費

取材費

教材費(本や情報商材や、セミナー代)

 

等です

 

あとは、レシートや領収書など、必要経費になるものは

ファイルにガンガン入れます。

 

確定申告の一ヶ月前くらいに、ファイルの中身を整理します。

エクセルに、費目別にどんどん数値と名目を入力するだけの簡単なお仕事です。

 

収入に関しては、事業用の銀行口座の入金分を全部足したものです。

(FXに関してはブログの趣旨と違うので割愛)

 

あとは、まとめた数値をもとに確定申告をします。

 

簡単に言うとこんな感じ。

最初にしっかり費目を分けて、そこにレシートをしっかり入れるようにさえしておけば

確定申告のときは、まとめるだけなので、たいした手間ではないですね。

 

実際の確定申告が不安な人は

自分でまとめたデータを持って、一度税務署で相談してみましょう。

初心者向けの相談窓口は必ずあります。

 

強力な節税対策

wss000851

特にアフィリエイト系だと、必要経費ってほとんどありません。

サーバー代、ドメイン代、電気代の一部、プロバイダー料金の一部

くらいかなぁ・・・なので、普通にしてると全然必要経費ってないので

 

ごっそり

 

税金として持っていかれます。

なので、僕は教材費という名目で情報商材はバンバン買います。

 

レビューもガンガン書いています。

情報は先行投資のような形になり
後から、収入となって付いてくるので、ムダがありません。

 

どんどん自分の収入を増やしていきたい場合には

やっぱりどんな情報でも買えば買うだけ色々なジャンルについて学べるし

いざ情報発信する時には、力強いものとなる事は、言うまでもありません。

 

なので、必要経費で落ちる情報商材は先行投資としてどんどん買っています。

情報が多ければ、その分幅広い情報が発信できるので

アクセスも集めやすいですよ。

 

税理士を雇う前に・・・

これまで一度も自分で確定申告をしたことが無い人が

いきなり、税理士を雇うのはオススメできません。

 

まぁ、知人の紹介などで、よっぽど信頼できる人なら別ですが。

これは、同じ脱サラ仲間の話ですが。

こっちがわかっていないと思って、いい加減に処理されたそうです。

 

彼は、自分で確定申告をしていたので、おかしいことにすぐに気づいて

突っ込みを入れられましたが、自分でやったこと無ければ、むこうの言い成りです。

 

また、そういう人ほど、わかってない顧客は手を抜くものです。

簡単に、何十万円も納める金額は変わるので

必ず、自分で出来るようになってから、税理士は雇った方が良いです。

 

ちなみにですが、僕の脱サラ仲間の話の続きですが。

新しく雇った税理士もいい加減で、手抜きの書類を上げてきたのだとか・・・

この話を聞くと

 

税理士っていい加減なやつが多いのか?

 

と、あきれてしまいます。

もちろん、マジメにやってくれるところもあると思いますが。

いい加減なところもあるわけですよね・・・

 

脱サラに関する質問はここにまとめてあります

脱サラに関する7つの質問、まとめ