こんにちはヤニックです。

今回は僕のサポート生の中から成功している方の事例を紹介しますが

 

メルマガ読者様から質問をいただいたので

それに答える形で記事を書いていきます。

 

いただいた質問はこちら(余分な箇所は省略しています)
↓↓↓

せどりの主催者様の記事を見たかんじだと

少し古い記事のよーな気もしたのですが

2016年5月…今現在でも、せどりは、カテゴリーの

広い視野さえ持てば、まだ飽和してないのでしょうか?

 

僕が教えているのはアマゾンを使った物販ビジネスです。

せどりと勘違いされがちですが、物販ビジネスの中に

せどりの要素も含まれていると考えてください。

 

さて、質問の回答ですが

物販なんて、太古の昔から連綿と続く

商売なので無くなりようが無いし

 

商品が死ぬほどあるんで飽和しようがありません

むしろネット通販は今後、どんどん伸びる分野で

アマゾン一強状態なので、チャンスは拡大してると思います。

 

*2014年度の日本国内のアマゾンと楽天の売上*

アマゾン(国内):79億1200万ドル(1ドル120円換算で約9500億円)

楽天:5985億6500万円

 

そこは心配する必要は無いのですが。

だからといって楽観視はできません

ライバルの多いジャンルはあります。

 

飽和は無いけど、レッドオーシャン

ブルーオーシャンは確実に存在します。

レッドオーシャンに突っ込むと、大変かもしれませんね。

 

稼ぐ人は、人とはちょっと違った視点で仕入れてたりするものです。

この視点がないと、飽和だの、何だのと負け犬まっしぐらになります。

 

ブルーオーシャンになりやすいのは

他者にとって参入障壁が高いもの

メジャーなところでは

 

高額商品

大型商品

 

こういうジャンルはライバルが少ないといえます。

wss000873

 

他に視点を移せば

例えば、僕の奥さんはクレーンゲームからフィギアを仕入れます。

うちの奥さんはもともとクレーンゲームが好きなので

好きなものと組み合わせると、簡単に独自の視点が出来上がります。

 

ワンピースのフィギアなど

数千円する商品がゴロゴロ配置されていますが

誰も見向きもしないようです。

 

この話をしたとある主婦は自分で取れないので

ゲーセンの店員にチップ渡して取ってもらったりしてます

行動力と、アイデアです。

 

こういう、独自の視点を持ってれば、物販はブルーオーシャンです。

僕の知っている学生は学割を使ったり、大学の購買で仕入れたりしてます。

 

大学の購買は通常よりかなり安い商品があったり

大学の購買で仕入れる視点が無い人が多いので

ライバル不在でブルーオーシャンなのだそうです。

 

というわけで、今回のテーマは

 

ニッチで行こう!!

 

今日は二人の成功事例を紹介します。

二人ともニッチな視点で稼いでいますが

どちらもアプローチが違うので、とても参考になると思うので紹介します。

 

ただし

1つ注意点

こういう話をすると、必ず

 

「ニッチが良いんだ!!」

 

と選択肢を絞りがちの人がいます。

白が良いと言えば、白以外の選択肢を捨てるのと同じで

世の中には赤も青も黄色も緑も黒も・・・無限に色はあるのに

白しか見ない

 

それはビジネスをやる上で愚かな行為です。

選択肢は狭めてはダメ

 

確かに、ライバルの多いジャンルはあるけれども

捨てる必要は無い、選択肢として残しておけばいいし

切り口によってはライバルは少なくなるかも知れません。

 

今回の話はニッチが絶対に良い、という話ではありません。

可能性として優れている、というだけの話です。

ビジネスは視点を絞るのではなく、逆です

 

視 点 を 広 げ る

 

この感覚を持ってください。

 

 

視点を広げるのにもっとも手っ取り早いのは

成功者から学んだり、体験談を聞くことです。

 

頭でうんうん唸って考えても、そうそういいアイデアなんて浮かんできません。

成功者から学ぶのがもっとも手っ取り早いです。

 

というわけで、今回はこの2つの対談を聞いて

彼らのニッチな視点を学んでくださいね。

 

 

サポート生との対談:月収10万円達成したけんじさん

 

サポート生との対談:月収15万円達成したたよちさん

 

良いと思ったところはドンドン真似していきましょう。

彼らも、真似されるのを承知で対談を受けてくれていますので

何も問題ありません。

 

真似することをビジネスではモデリングと言いますが。

最初はモデリングから入るのが一番早く稼ぐ方法です。

 

真似しちゃっていいの?

って心配になるかもしれませんが。

 

大企業だって普通にやってることです。

例えばAという商品が爆発的に人気が出たら

その類似商品が雨後のたけのこのように出てきませんか?

 

ポケモンが流行ったら

ポケモンと似たようなゲームがたくさん出たり

パズドラが流行ったら

パズドラと似たようなゲームがたくさん出たり

 

キャラクターだけ違って、もとのアイデアは

似ている商品やサービスって一杯ありますよね。

あれがモデリングです。

 

もちろん、いつまでも真似っこってのはよくないですが。

最初のとっかかり、右も左もわからないときは

まねた方が早いよって話です。

 

自分のビジネスが軌道に乗ってきたら。

自分の色を出していけばいいだけです。

 

 

その他の成功事例はこちら

どんどん真似していきましょう。

↓↓↓↓

ネットビジネス成功事例、エッセンシャル思考でせどりに成功!!

 

 

ビジネスにおいて、何をおいても大切なのは行動の前の戦略です

闇雲に行動しても時間が無駄に浪費されるだけでいみがありません。

 

意味のある行動をするだけで収入は倍以上変わりますよ。

目的を持っていれば、行動が無駄になることは絶対にありません。

やる価値あると思います

 

無目的に行動しがちな人は読んでおいてください。

物販ビジネス(せどり)無料相談、大切なのは戦略・・・からの行動力

 

 

PS

 

あと、僕のメルマガでは月収150万円稼ぐ人の

成功事例を対談で収録しています。

その対談はメルマガ読者限定の特典になりますので。

 

視聴したい方はこちらからメルマガ登録しておいてください。

無料です。

 

稼ぐことに限りなくこだわったヤニックのメルマガ