こんにちはヤニックです。

 

今日、「世界の年収400万」って言うタイトルのテレビ番組見てたんですが。

バリ島で暮らす場合、年収400万円あれば、王様のような暮らしが出来ると・・・

そんな感じのバラエティでしたね。

 

実際、日本の400万円はバリでは3000万円くらい価値があるみたいで

そうとう裕福な生活が出来るんですが。

 

僕は職業柄いろんな人とスカイプするんですが。

 

関連記事

物販ビジネス(せどり)無料相談、大切なのは戦略・・・からの行動力

 

海外の人も多く、これまでフランス、イタリア、バリ、オーストラリア、カナダ

に在住の日本人の方をとお話しましたが。

 

自分が好きで海外に暮らしている人以外、例外なく

 

日本が一番だよ!!

 

って言いますし

可能であれば日本に帰って来たいって言います。

 

王様のような暮らしが出来るかもだけど

僕もやっぱり日本が良いなぁ・・と思いながら見ていました。

 

 

というわけで今回は、ネットビジネス初心者が犯しがちな

初歩的なミスということで、ブログ作成の話ですね。

 

 

先日、ブログを添削したんですが。

やっぱり、初歩的なところで躓いているんですよね。

 

やりがちな間違いというのは

リアルではやらないようなことをネットでは平気でやってしまう

 

というミスです。

これは、意識をしていないとついやりがちなミスなんですよね。

 

パソコンの向こうに相手が居ると思って書く・・当たり前だけど

 

当たり前のことなんですけど

パソコンの向こうに生きてる人間がいることを考えながら書かないと

ちぐはぐな文章が出来上がってしまいます。

 

今回は、プロフィールを添削したんですが。

その方のプロフィールはいきなり、本筋から入って

そのまま一気に、自分の話をダダダダッと書いて終わってしまっていました。

 

リアルで自己紹介する場合、そんなことって絶対しないですよね?

まず、何をおいても名乗ります。

 

○○です。

よろしくお願いします。

 

じゃないですか。

そこから、自分はこういう人間ですという紹介があって

本筋に入っていきますよね?

 

合っていきなりの人に

いきなり本筋から話す人っていないと思います。

 

 

ネットでもそれは同じです。

 

 

読みやすい、わかりやすい文章って

相手のことを気遣った文章だと思うので。

その辺は、気にすると良いと思います。

 

特定の誰かに伝えるつもりで書く

 

うまい文章を書くコツは

特定の誰かを思い浮かべて

その人に伝えるつもりで書くと良いです

 

基本的にはラブレターと同じです

 

wss000875

 

自分が好きな気持ちを、好きな人に1%でも多く伝えたいから

一生懸命その人のことを考えて書くでしょ?

 

んで

 

特定のだれかというのは誰が良いかというと

異性でありあなたのやってる分野に興味が無い人を一人選ぶといいです。

 

僕の場合は姉です。

大抵、いつも姉に説明するつもりで記事を書いています。

 

姉は普通の専業主婦で

投資やビジネスには

まったく興味のない人間です。

 

なので、伝えるの難しいです

でも、難しいからこそ、一生懸命書きます。

 

専門用語は極力避けたり、例え話を多用して書きます

だからこそ、万人に理解されるわかりやすい記事になります。

 

あと、異性を選ぶと言うのは。

ひどく男よがりな文章

ひとく女よがりな文章

になるのを避ける為です

 

ひどく男よがりな文章は女性からしたら

読みにくいし、理解しにくいです。

逆もまた同じです。

 

だから、あえて、異性を意識して書きます。

そうすることで、程よく中和された

誰でも読みやすい文章になります。

 

僕の読者さんって、女性が非常に多いんですが。

そのあたりを強く意識しているからだと思います。

 

基本的にはうまい文章は要りません

 

というか、うまい文章は書けません

プロの書き手じゃないので。

うまい文章を書こうとしたら

筆が進まなくなるだけなので

いつまでたってもビジネスが始まりません。

 

その代わり

相手に伝えたい気持ちが

伝わる文章を書きましょう

 

書けないのなら伝える努力をしましょう。

セールスはすばらしいかもしれないけど

商業主義的な乾いた音楽より

 

こういう気持ちがこもった音楽の方が

何か伝わりますよね。

 

個人的にオススメの歌

坂本サトル 天使達の歌

ブログを作ったら、どんどん記事を更新していきましょう・・・

とは言うんですが、大抵の人はこう言います

 

「文章力がないので、記事が書けません・・・・」

 

それはうまい文章を書こうとするから書けないだけです。

ヘタでも、一生懸命、伝えようとする文章でいいんです

それなら書けるはずです。
文章力なんて、量をこなせば

人が読んでも違和感無く読めるくらいには成長します。

 

小説家とか、プロの書き手になるんじゃないんだし。

最低限、自分が伝えたいことが伝われば

情報発信ビジネスをする上では十分です

 

中途半端な完ぺき主義が一番稼げないんで

 

ここは、割り切って、最初は質より

数稽古のつもりでガシガシ書いていきましょう。

 

 

関連記事

初心者向け解説、情報発信向けのブログの作り方と、作る理由

 

情報発信ブログを立ち上げた後にまずすることは、プロフィールの作成とコンセプト