こんにちはヤニックです。

 

初心者向け情報発信ビジネス講座です。

 

今回は、記事のネタ元や著作権の話です。

ネットビジネス初心者のうちは、ブログに書くことが無い

と言う悩みが多いと思いますが。

その辺の解説です。

 

ブログ記事にするときの著作権の話

 

ブログをはじめると

異様に著作権のことを

怖がる人がいますが。

別に怖がる必要はありません。

仮に侵害していたとしたら、まず警告が来ます

警告が来た時点で、侵害していたことに気づけば

記事を削除してごめんなさいすればそれで終わりです。

(アドセンス広告を載せてる場合、話は別です

アカウントが飛ばされるかもしれないので

著作権違反は絶対にしないほうがいいです)

 

よほど、故意、悪質でない限り

素直にごめんなさいすれば

罰せられることなどありません

・・・

 

といっても、不安な人は不安だと思うので一応書きますが

 

元のアイデア

表現方法

 

これはわけて考えなければいけません。

 

んで

 

パクるとまずいのは

表現の方です。

 

具体的に言えば、例えば三国志

三国志というアイデアを元に

現在あらゆるコンテンツがありますよね

 

漫画

小説

ゲーム

映画

 

アイデアの元である三国志を題材に

記事を書いたり、二次創作することに

何も問題はないわけです。

 

ですが、その表現されたものを

パクるのは問題あるわけです。

 

誰かが書いた三国志小説の内容をパクるのは大問題

 

わかりますかこの

元のアイデアと

表現方法の違い

 

例えば、トレードでよくあるダウ理論

これを元に、自分の解釈を加えた記事を書くのは

何も問題ないわけです

 

でも、他人の記事をパクるのは

これは表現をパクることになるのでダメです

 

つまり、元のアイデアがあり

そのアイデアが自分のフィルターを通って

自分の言葉で表現されればOK

 

元のアイデアがあり

他人のフィルタ-を通って

他人の言葉で表現されたものを使うのはダメ

ってことです。

 

んで、最初に話が戻りますが

それでも、書いて良いか判断が出来なかったら

とりあえず書いてしまえば良いんです。

ダメだったら警告がくるだけなんで

(アドセンス広告を載せてる場合、話は別です

アカウントが飛ばされるかもしれないので

著作権違反には厳重に注意しましょう)

 

 

それを踏まえて

コンテンツのコモデティ化の話をします。

 

コンテンツの差別化のために大切なこと

僕達がやってるネットビジネスは

情報発信ビジネス、コンテンツビジネス

とも言い換えられます。

 

情報を発信することで、アクセスを集め

成約を取っていくわけですから

インプットとアウトプットの

バランスが重要になってくるわけですが。

 

インプットの量が少ない人ほど

感情的な価値が全然無い

コンテンツが出来上がります。

(感情的な価値とはその人にしか書けない記事とでも覚えてください、少し意味は違うけど。)

 

感情的な価値の無いコンテンツだと

勝負するところは機能的価値しかありません。

(機能的な価値とは誰でも書ける記事とでも覚えてください、少し意味は違うけど。)

 

機能的価値は基本的に誰が

書いても同じような記事になり

差別化が難しいわけです。

 

例えば

ワードプレスの使い方

MT4の使い方

youtubeの動画アップロードの仕方

メルマガのはじめ方

 

という記事を書いても

誰が書いても差がほとんどつきません。

 

コンテンツがコモディティ化します

(差別化がなくなり、顧客からしたら違いが分からない状態であり、どれを選んでも同じ状態のことをコモディティ化と言います。)

 

コモデティ化すると、勝負できるのは価格勝負

サービス勝負などの、不毛な戦いしかありません。

その先は、消耗戦、泥試合しかならないので。

 

インプットを重視して

差別化しましょう

優位性を持ちましょうって話です。

 

コンテンツビジネスで稼いでいく以上

差別化できるのは感情的な価値のコンテンツなのに

インプットが少ないから、書けないわけです。

 

どの記事を読んでも

どこかで見たことあるような記事ばかり

まるで、辞書のようなサイトに何の魅力がありますか?

 

つまり、コンテンツのコモディティ化を避けるために

インプットとアウトプットの循環をさせましょう

というわけですね。

 

それだけ、面白いコンテンツができるし

自分の勉強にもなるんで、一石何鳥にもなります。

 

言い換えれば、稼いでいない人ほど

インプットが足りていないということになります。

 

wss000844

 

 

インプットを増やすには情報を仕入れるという意識を持つ

よく

 

「ブログに書くことがありません」

 

なんてことを聞きますが
それは情報の元となるアイデアが少ないだけです。

 

三国志しか読んでないから

三国志に関することしか

書けないのと同じで

項劉記を読んだり

春秋を読んだり

孫子を読んだり

 

別に中国の歴史に限らずとも

日本でも、フランスでも、アメリカでも

どんな歴史でも読めば、それがアイデアの元となって

表現がどんどん増えていきます。

 

僕から言わせれば

書くことが無ければ

 

情報を仕入れればいいだけです

 

情報は仕入れるという思考は

稼ぐために必須の思考なので覚えておいてください

 

情報は知的在庫、お金と等価値

 

情報は知的在庫という意識です。

情報発信ビジネス

コンテンツビジネスをやる以上

 

情報は在庫であり、つまりお金と等価値です

 

在庫が豊富ということは販売できる

商品が豊富にあることと同じです。

 

僕は情報に関しては、セミナー、商材、書籍を含めて

200万円以上は使っています。

 

とくにネットビジネスで稼ぎたいなら

それに特化されている

情報商材なんかもどんどん仕入れて

 

自分の情報として在庫を持っておき

その在庫を販売してしまえばいいんです。

 

先日ある方のブログを添削したときこんな会話をしました。

 

Sさんは、今後、どういうマネタイズをしていくつもりですか?

結果を出された、××という商材をアフィリエイトするつもりなんですか?

 

いや、××を紹介するつもりはないです。

それより、××を元に自分でコンテンツ作ってそれを販売します。

 

ああ・・・なるほど、その方がいいですよね。

××を売っても、報酬は8000円くらいですが

自分で作れば2万円くらいで売れますしね・・・

 

Sさんはとある××という商材を実践して結果を出され

たので、現在、その情報を元に、情報発信を始めています。

 

んで

 

Sさんは××という商材をアフィリエイトするより

自分の商材を作る方が儲かると踏んだわけです。

 

ちなみに・・・Sさんが自分で作ろうとしているコンテンツは

××という商材の内容とほとんど変わりありません。

これが著作権違反になるか・・・というとならないんです。

 

元のアイデアは同じだけど。

表現方法が違うからです。

 

このように、元のアイデアが在庫としてあれば

二次創作として、自分のオリジナルコンテンツとして販売もできるし

 

特典としても付けられるし

動画にも出来るし

記事にも出来るし

 

コンテンツの質がどんどん良くなるわけです。

つまるところ、情報が何より大事というわけです。

 

Aという情報だけでは、そこから生まれる情報は

AダッシュやAマイナスなど・・・限りがありますが

 

AとBがあれば、掛け合わせが出来ます。

A,B、C、Dと4つの情報があるだけで

かなりの数の情報が生まれます。

 

情報は在庫の掛け合わせ、組み換え

足し算、引き算で、いくらでも利用できるので

インプット意識していきましょうね。

 

はい、というわけで

とりあえず、情報発信編第一部は

この辺にしたいと思います。

 

これまでの話をまとめると

1、まずはブログを作ろう

2、プロフィールを書こう

3、理念、コンセプトを決めよう

4、個別記事をどんどん書いていこう

5、情報は積極的に仕入れよう

 

ここまで解説してきました。
第二部からは、売りたい商材をまずは1つ決めて

具体的に売っていきます。

ここまで来ると、情報発信は楽しくなりますよね。

 

ここまでの流れで、僕の直接サポートが必要な方や

最初が肝心なんで、最初で躓きたくない方は

真のSEO対策講座に参加してくださいね

↓↓↓↓↓

3333

売り込まなくても何度も売れる仕組みを作る方法「真のSEO対策講座」

 

真のSEO対策講座に書かれているのも情報なので

仕入れて、どんどん自分のコンテンツに活用してください。

 

元を言えば、真のSEO対策講座に書かれているものも

僕が独自に仕入れた情報の中で実績があるものを

自分の言葉で書いてるだけなんです

 

実績を元に書いてるので、より価値は高まっていますが・・・

 

情報発信で稼ぐって結局そういうことなんで

1つの分かりやすい事例だと思います。