こんにちはヤニックです

 

脱サラする前、サラリーマン時代は

自宅で仕事出来ることにメチャクチャ憧れました

通勤時間0分

社内規則無し

服装自由

休みも自由

 

誰しもがあこがれることだと思います。

でも、この自由すぎるって案外曲者で

家で仕事をするってことは言い換えると

休みと仕事がはっきり分かれないということで

完全にオフにするのって案外難しかったりします。

 

 

やっぱり脱サラして暫くの間は戸惑いましたよ。

休みと仕事の境界線が曖昧で

なんか、完全にオフれないのが疲れる・・・って

 

僕の場合は、ネットビジネスやアフィリエイトも手広くやってますから

やろうと思えばいくらでもやることはある

やらないと思えば、別にやる必要は無いんだけど。

基本的に記事書くのが好きだから、やっちゃう

 

ココでも書いたように

↓↓↓↓

脱サラ後の誤算、やっぱり仕事をする羽目に・・・

 

何もしないと、めっちゃ暇だから

結局、何かしら作業をしはじめる

やり始めると没頭する

休みと仕事が曖昧になる・・・

という感じです。

 

 

で、ある時、テレビをぼんやり見てたら気づいたんですよ

芸能人も休みって無いよな・・・・

売れっ子の芸能人なんかは、スケジュールがびっしりで

何ヶ月に一回くらいしか休みが無いって人もいますよね。

 

若手だったら、働けるときに働いとけって感じだと思うんですけど

大物になると、休む時は、ハワイとか行って、しっかり

休んだりしてるわけです

 

そこでひらめいたわけですよ。

あ、自由業(というのが正しい言い方かわからないけど)

フリーランスの働き方ってこういうことなんだって。

 

つまり、サラリーマンと同じ感覚で

5日働いて2日休むという感覚を持っちゃうと

フリーランスはなじまないんですよね。

やってみればわかるけど、全然馴染まない

全然実態に即していないことに気づいたんです

 

フリーランスの場合だと4、5ヶ月しっかり働いて

一ヶ月完全に休む、の方がむしろしっくり来ます。

 

4、5ヶ月は無休で働くとかじゃなくて

もちろん疲れたら休むときもあるんですけど

要は、仕事に集中する時期ってことですよね

 

仕事モードと休みモードのスパンが

サラリーマンとはまったく違うわけです。

 

で、そこに気づいて、そういうスパンで仕事するようになると

これがまた心地いいんです。

 

仕事モードの最後の方は、もう休みが恋しくてたまらないですよ

ああ、早くハワイ行きたい・・・あと一週間だ

がんばろう・・・ここ踏ん張れば、ハワイだ!!

 

で、ハワイで一ヶ月思いっきりハネを伸ばす

いやっふー(*´∀`)わいは~

完全に仕事のことは忘れる

だからこそ思いっきり遊べる・・・

でも、3週間も過ぎてくると流石に飽きてくるし

仕事も恋しくなってくる、その頃になると次の

仕事のアイデアなんかもポツポツひらめき始める

ハワイでゆっくり、次の仕事の戦略を考える

 

 

また仕事モード突入、英気もしっかり養ったし

戦略も充実している、あとはやるぞー

やるだけだーで猛烈に仕事する

 

の繰り返しです。

 

 

このスパンいいですね。

サラリーマン時代だと2日休んで5日働くは

今思えば、休みが中途半端でしたね

仕事に行くのがしんどかった

生かさす殺さずの生殺しがダラダラ続くのがしんどかったです

 

なので脱サラ目指している方は

脱サラ後は、パラダイム変換して

仕事と休みのスパンを変えてみてください

 

めっちゃ仕事に集中できるし

めっちゃ遊びに集中できます

おすすめです。

 

 

やる気の管理の方法も覚えると完璧です

↓↓↓↓

やる気、モチベーションは管理するもの、やる気が無いときの対処法

 

 

マインドを作るのが最優先です

↓↓↓↓

ネットビジネスで月収100万円稼ぐためのマインドセット