こんにちはヤニックです。

 

世の中にはいろんな道具、いろんなシステムがありますが

これらって

 

使う人の心ひとつで善にもなるし悪にもなりますよね

 

例えば、ナイフ、心が清い人が使えば

木を削って便利な道具を作れるし

人を癒すためのグッズや

子供を笑顔にするためのおもちゃが作れます。

 

でも、心が悪の人が使えば、それは

人を傷つける凶器になるわけです。

ナイフそのものに善悪は無く

ナイフを使う人間に善悪があるだけです。

 

ネットも同じですよね。

普通に使えばとても便利なシステムですが。

悪意を持って使えば、人を攻撃することなんて簡単に出来ます。

 

というように、世の中にある、便利な道具や、システムに善悪は無く

使う人の心ひとつで、それらは決まってしまうと言えます。

 

せどり=転売=悪とは言うけど・・・・

 

世の中の風潮として、転売を悪とする風潮がありますが。

それを言い出したら商社はどうなるんですかね?

オサレな輸入雑貨を扱ってるセレクトショップは?

古着屋さんは?

日本のいい物を仕入れて海外で売りさばいてるバイヤーは?

ブックオフは?

駄菓子屋のおばちゃんは?

wss000810

みんな転売してますが、悪とはみなされないですよね。

なぜか、せどりだけが転売屋だとか言われ、悪とみなされるわけです。

 

たしかに、中には悪とも言える、転売屋がいるのも事実です。

一部のマナーの悪い人間が、いるのは事実です。

でもそれって冒頭の話のように。

 

使う人の問題ですよね?

 

転売というシステム自体に善悪は無く

使う人間に善悪があるだけです。

 

情報弱者はビジネスチャンスを失う

人間は未知のものを否定する傾向にあります。
知らないから否定しているだけなんですね。

経験した後で否定するならわかりますが、経験もしていないのに否定するのは

ただただ自分で可能性を握りつぶしているだけです。

ビジネスをやる人間として、可能性を握りつぶすのはやっぱりもったいないですよ。

 

 

世間が、せどり=転売=悪

といってるから、自分の頭で考えることをせず(思考停止)

鵜呑みにすることをステレオタイプの人間または

 

情報弱者

 

といわれます。

情報を鵜呑みにしていてはビジネスチャンスは生まれません。

 

もちろんね、転売というシステムを悪用するつもりなら

それは止めて下さい、この世に害悪が1つ生まれるだけなんで。

 

でも、正しく使うなら、せどりを含む物販ビジネスは

非常に可能性のある分野なんですよ

 

再現性の高さがメリット、最短で2ヶ月、平均で4ヵ月

 

物販ビジネス(せどり)が再現性が高いのは、利益が出る商品しか仕入れないからです。

真面目にやっていれば、月間の利益がマイナスだった・・・なんてことはまぁ起きません

 

その理由は3つあって

 

1、価値が無くならない物品を扱っているから

物の価値なんてそうそう無くならないですから。
最悪仕入れ値で売れれば、FXでいう同値撤退です。
つまり損切りが極端に少いのが理由の一つ

 

2,売れて利益の出るものしか仕入れない

そしてもうひとつは利益が出て売れるものしか仕入れないからです

普通のショップは品揃えを気にして、売れ筋が悪い商品や

利益率が悪いけど、客寄せの為の利益の薄い商品を仕入れますが

 

物販ビジネスは売れ筋かつ利益の見込めるものしか仕入れないので

仕入れた商品の90%くらいは、利益になります。

リアル店舗とは、そもそもビジネスの仕方が全然違うんですね。

 

3,集客の必要がない

僕がやっている物販ビジネスはアマゾンに販売を委託するので

アマゾンの集客力をそのまま利用できます。

なので、仕入れたものをアマゾンに送るだけでいつの間にか売れているという状態です。

ビジネスをやる上で、一番苦労するのって、集客なんですよ。

売りたい商品があるけれども、そもそも人が集まらない・・・ってやつです。

 

少しでも、ブログやアフィリエイトをした人ならわかると思いますが

アクセスを集めるの大変ですよね?

アマゾンを使った物販ビジネスなら、アマゾンの集客力を使えるので

一番悩ましい部分が解決するので、仕入れだけに集中できるわけです。

 

僕はこれまで多くの人をサポートしてきましたが。

早い人で二ヶ月、平均で四ヶ月くらいかな

それくらいあれば、結果をだします。

 

安く仕入れて高く売るっていう、やってることがすごくシンプルだし

仕入れだけに集中できるんで、再現性が高いんです。

 

サポート生との対談音声もあるのでこちらもご視聴ください

↓↓↓↓


 

せどり=転売=悪という思考停止状態では、それはただただ

ビジネスチャンスを逃してるだけでもったいないです。

最近、お昼の情報番組を見てると、やたら稼ぐ系の情報も流していますが。

フリマで月に30万円稼ぐ主婦・・・とか、今の時代ざらにいますよね。

 

あれも結局物販だし転売です。

フリマアプリという集客力を利用して、物を売ってるだけです。

 

今はスマホの普及で、みんなが当たり前のようにネットにアクセスできる時代です

時代にあった稼ぎ方ってあるように。

せどりを含めた物販ビジネスもまた、今の時代にマッチした稼ぎ方なんでしょうね。

 

こちらで僕がやっている物販ビジネスの基礎講座を開いているので

可能性を広げたい方は是非ごらんください

↓↓↓↓

物販ビジネス基礎講座

 

さいごまでありがとうございました。