こんにちはヤニックです

 

今日お昼のニュースをみていたら

運動会の予定を変更するよう、両親が校長先生を刃物で脅した・・

という、あきれるというか・・信じられないニュースが報道されていましたが。

 

うちのかわいい、かわいい子供が、その日はどうしても運動会に参加できないから

なんとか予定を変えてくれませんかね・・・と柔らかく書いてみましたが

柔らかく書いても、バカな要求であることは変わりませんね。

 

んで

 

ニュースをみていておや?と思ったのが

僕はてっきり校長室で話をしてるのかと思ったら

わざわざその親の家に、夜、校長と教頭が出向いて

話し合いをしているんですよね。

その時点で違和感ありありでした。

 

 

その態度から推察するに、きっと校長は両親を

「お客様」扱いしていたのだろうか?と思うわけです。

 

コメンテーターの中野さん・・だったかな、は流石本質を見抜くのが

早いな・・・と思ったんですが。

ある病院で、患者を「患者様」と呼ぶようになってから

患者の態度がえらい横柄になったという事例を紹介していました。

この学校もそうだったのでは?というような意見でしたが。

 

この話から学べることは多いので今日はその辺の話を書いていきます。

 

 

どんなお客さんと付き合いたいか考えたことありますか?

お金を払ってくれるなら誰でもいいですか?

 

儲かるならなんでもOK!と言う考えで

自分が扱い難くて面倒な人に売り続ける

そういう態度では、今回の校長先生のようにひどい目に合いますよ

 

買ってほしくない人には絶対に買わないでと思いながら売る

僕もネットビジネスをやっている身ですから

セールスページを書くこともあるし

売り込みのメールを書くこともあります。

 

意外に思うかもしれませんが、僕はセールスをする時

 

あなたは絶対買わないで!!

 

と思いながら書いています。

普通の人なら、一人でも多く買って!!

って思いながら書くかもしれませんが、僕はそれは絶対にやらないです。

それやっちゃうと、来てほしくない人まで来てしまうので・・・

 

 

来てほしくない人とはどういう人かというと

 

・依存度が高い人(稼がせてくれると思っている人)

・批判的な人

・後ろ向きな人

・自分の頭で考えない人

・楽に稼げると思っている人

 

こういう系の人は確実に成功とか大金を稼ぐ事ができません

どんな良いノウハウを渡しても成功ができないタイプです

 

んで、成果が出ないとどうなるか

こういう人ほど、クレーマーになりやすい

クレーマーになったら相手をしなければならない

人生でもっとも無駄な時間を使って相手をしなければいけません。

 

 

・依存度が高い人(稼がせてくれると思っている人)

・批判的な人

・後ろ向きな人

・自分の頭で考えない人

・楽に稼げると思っている人

 

こういう人達に売るのはたしかに簡単です。

 

心配いりません全部僕に任せてください

楽して稼げます、余裕です、大船に乗ったつもりでいてください!!

と書きまくるだけです。

 

 

一時的には売上があがり満足かもしれませんが

そのあと、大変な思いをしなければならないことは

覚えておいてほしいです。

 

 

一度、自分がお付き合いしていきたいお客さんについても考えてみてください。

こういう人には来てほしく無いな・・・という人がいれば

そういう人は絶対来ないようにセールスをしないとですし

そういう人には、断固甘い顔をしないようにしないとですね

 

 

冒頭の校長の話に戻りますが、親の小さなわがままを

聞いてしまっていたんでしょうか?

相手の顔色を伺って、波風をたてないようにと

最初は小さなわがままだったのが、それが徐々に大きくなって

最後は、我が子の為に運動会の予定を変えろとまで・・・

 

親からすれば、これまでわがままがまかり通ってきたから

今回も通ると思っていたのに、反対されたものだから

頭にきて刃物を出したのでしょうか?

 

そんなことして、一番迷惑がかかるのは子供だと考えなかったんですかね?

本末転倒とはまさにこのことですね

 

本当に愚かな話です。

 

思考停止だけは避けたいですね

↓↓↓↓

思考の停止は物事の本質を見失う悪癖、悪習慣